本文へ移動

平成会とは

法人基本理念

社会福祉法人平成会は平成3年の設立当初から障がい者、知的障がい者に対し、社会生活に必要な生活訓練を行うとともに、積極的に生産活動に参加できる環境を整え、支援することを目指した法人です。

理事長ご挨拶

 平成会は、障害のある方々の生活や仕事の場を提供し、支援している法人です。
平成3年8月、法人設立。平成4年4月通所授産施設「ブナの木園」を開設以来、様々な事業の改廃を経て、現在、就労継続支援A型2ヶ所、就労継続支援B型2ヶ所、多機能型事業所(生活訓練・宿泊型自立訓練)1ヶ所、(就労継続支援B型・生活介護)1ヶ所、生活介護2ヶ所、相談支援事業所1ヶ所、地域活動支援センター1ヶ所、障害者就業・生活支援センター1ヶ所、グループホーム10ケ所を運営しております。
 昨今、新型コロナウィルスの第7波により、全国的に感染が拡大してきております。利用者・職員ともワクチン接種は3回目終了。4回目は高齢者、持病のある方、福祉施設の職員も接種する予定です。
安定的な事業を運営するため、感染症対策は引き続き行って参ります。
障害者の人権と主体性が尊重され、必要な支援を受けながら地域で自立した生活ができる福祉サービスを提供して参ります。
 皆様方におかれましては、今まで以上のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

                                  社会福祉法人平成会
                                      理事長 塚 本  圭

法人概要

法人の設立
1991年(平成3)年 8月設立
法人名
社会福祉法人 平成会
代表者
理事長 塚本 圭
法人事務所
岩手県一関市幸町8番6号
役員
理事6名  監事 2名
評議員
7名
事業所数
14か所
職員数
170名

法人沿革

平成3年
社会福祉法人平成会設立
平成4年
知的障害者授産施設(通所)ブナの木園開設  定員30名
平成9年
社会福祉法人ハッピーライト設立
平成10年
精神障害者生活訓練施設ニコニコハウス開設  定員20名
ショートステイ併設
地域活動支援センター一関開設
平成11年
共同生活援助コスモス開設
平成12年
障害者相談支援事業(委託)開始
地域活動支援センター一関「ほのぼのステーション」開設
精神障害者通所授産施設ルンルン開設  定員30名
平成15年4月
知的障害者福祉工場ホームラン開設  定員30名
平成18年5月
知的障害者授産施設(通所)マイリバー開設  定員20名
平成19年4月
一関広域障害者就業・生活支援センター メイフラワー開設
就労移行支援事業ヒットエンドラン開設  定員20名
     9月
社会福祉法人ハッピーライトと合併
ルンルン 就労継続支援B型30名  新体系事業へ移行
平成20年4月
ホームラン 就労継続支援A型30名  新体系事業へ移行
平成21年4月
ニコニコハウス 就労移行支援6名  生活訓練14名  宿泊型自立訓練20名
短期入所(空床型)20名  新体系事業へ移行
    12月
岩手県地域生活定着支援センター開設
平成22年12月
就労継続支援A型「農業天国」開設  定員21名
平成23年2月
就労継続支援A型「夏油高原農場」開設  定員20名
    11月
生活介護事業所「うららか」開設  定員20名
平成24年4月
ブナの木園 就労継続支援B型50名  新体系事業へ移行
マイリバー 就労継続支援B型20名  新体系事業へ移行
平成27年3月
岩手県地域生活定着支援センター 委託事業終了
    4月
第2ブナの木園開設  定員  就労継続支援B型20名  生活介護10名
平成29年3月
就労移行支援 ヒットエンドラン事業廃止
平成29年4月
就労移行支援事業 第2ブナの木園に移行 定員8名

第2ブナの木園定員変更 就労継続支援B型24名 生活介護8名
令和2年3月
就労継続支援A型「夏油高原農場」事業廃止
令和4年3月
就労移行支援事業第2ブナの木園 事業廃止
令和4年3月
就労継続支援B型マイリバーから生活介護マイリバーへ事業変更
TOPへ戻る